CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 「軽蔑」を観て、対異性の領域に関する己の性分に軽蔑を見る | main | 鏖 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
天気のせい
暑いばかりで無く、雨が降り続ける故に
じめじめむしむしと不快指数が高まるばかりだ。
そして阪急電車は車掌が何をぶりっ子してるのか
ようわからんのだが温度と湿度の所為でこんなに
みんなが不快になっとるのに、電車に
クーラー若しくはドライ運転を掛けようとせん。
そのせいで更にむかむかしてきたので、
そのむかつきを肉体運動それも武術の演舞により
昇華し爽快感を獲得しようと、電車が
梅田に到着し、車両からプラットホームに
降り立とうとしたその刹那、僕はビニール傘の
取っ手の部分を逆手で持ち、アバンストラッシュを打ってみた。
すると不運な事に、知らないおばあちゃんの背中に
軽くアバンストラッシュがヒットしてしまい
アバンストラッシュの威力を熟知している僕は
すぐさま、「俺は数分後には殺人未遂容疑で
現行犯逮捕される運命にある。」と覚悟した。
でも覚悟してる途中に、つうかつうか途中つっても、
それはおばあちゃんの背中にアバンストラッシュが
ヒットしている瞬間なんだけど、
その瞬間にあばあちゃんは「ヒッ、ヒィィィーーっ!!」
っていう、素っ頓狂な悲鳴を挙げたので、
僕は思わず笑ってしまった。一番笑ってはいけない時に。
で、なんで笑ったかっていうと、その悲鳴の発声法自体が
凄くおもしろかった以外に、そういう悲鳴が出たってことは、
おばあちゃんは確実に、「気違いが私に向ってビニール傘でもって
殴りかかってきた」と思っているんだろうけども、
僕は気違いではなくて常人なんだから
それは彼女の勘違いだと思ったからだ。その2点以外にも、
「悲鳴」によって、自らの「非命」即ち「己の、命、非らず」を
ダブルミーニングでダイニングメッセージとして
伝えようとしているこの滑稽さ、言葉の可笑しみ、
危機的状況に置かれてもなお抜群の機転の良さで
「死を自覚した者」の重い伝言を発さずにはいられないという
人間喜劇に僕は感動し笑ってしまった。

話は変わるけど、僕は老人には無条件に優しいと思う。
電車の中でも何処でも席は必ず譲って座ってもらうし、
道で困っていたらその時の自分が出きる限りのことを尽し、
目的地に辿り着ける様あらゆる措置を考慮し発案してみる、
等の積極性を失った事は今だ嘗て無い。
その優しさが、本質的な慈愛に由来してはいなくて、
己のルールを遵守しているが故に施行されている
優しさだとしても、ーそして実際そうなのだがー、
実際的に老人達にとって真に利益ある存在なのは、
言葉だけの優しさや思いやりを振りかざして
つまるところなんもしようとせんやつらではなく
この俺様の筈だ!そして、確かにその筈なんだが、
僕のことをあんまりご存知ないみなさんは、
僕を見て、駅のホームで老人を滅多打ちにしている気違いだ、
としか思ってくれない。しかも運悪く僕は
おばあちゃんにアタックを掛けた直後に笑ってしまったのだ。

だから、僕の細腕から繰り出されるアバンストラッシュは
実際的にはおばあちゃんにもノーダメージだった筈なのだが、
何か絵的に狂ってるじゃん。みんな目撃者になりたいんだよね。
みんなニュースの目撃者になりたいんだよね。
ほんとうにその凡庸な精神には毎度の事ながら驚かされる。
そしてその凡庸な精神によって、深く傷付き
地獄の淵を彷徨う羽目になるのは僕だけに違いありません。
おばあちゃんもおばあちゃんで実際は痛くないんだけど、
愚劣な群集が「大丈夫ですか?」的な言葉や空気で、
おばあちゃんに形式だけの慰撫をもたらすものだから、
おばあちゃんもしょうがなく痛がったりして、
僕も、うわぁ、まずいことになっちゃってるなぁ。
ってなってて、その圧倒的な喜劇的状況に
ブーストを掛けさせたのが、本当に嬉しがりの中年サラリーマン。
「誰か!駅員呼んで!」
もう、いいって。誰もお前の相手してないって。
会社で掃除のおばちゃんにも無視されてるからって、
ここぞとばかりにしゃしゃりでてくんなよ。
と、不謹慎にもちょっとだけ思ってしまったが、
それを言ったら更にまずくなるので止めた。
でも「雨が降って暑くって、電車に乗っても
クーラーが効いてなかって、それで何か気分切り代えつうの?
その為にアバンストラッシュの素振りをしてみたんだけど、
それがおばあちゃんにあたっちゃって、んで、
すぐに謝ろうと思ったんだけど、おばあちゃんが滑稽な声を
あげたものだから、ちょっと可笑しくなっちゃって
笑っちゃったらみんなに取り囲まれて、非常にむかつくー!」
っていいわけもたぶんできなくて、っていうか、
アバンストラッシュって何?って話だし、
アバンストラッシュを知ってる人も、「うわぁ、
こいつ狂人だなぁ。もっと大きな罪犯す前に
首でも括って殺しとけよ」と思うだろうし、
何しろそんなに長いいい訳を聞いてくれる筈が無い。
何故なら彼らにとって僕は気違いなのだから。
だからタイトでクールないい訳が
その時の僕には求められていたわけなんだけど、
カミュの『異邦人』で、主人公が母の死の翌日に
女とファックごっこして、アラビア人を殺した動機について
語った言葉、「それは太陽のせい」がその時のいい訳の
言葉として思い浮かばれたけど、今これ言ったら格好悪すぎる!
と思っていうのを止めた。たぶん狂人なんだろう。
| - | 20:46 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:46 | - | - |
コメント
ヤバイ、おもしろすぎる
| ILL | 2004/06/27 10:47 PM |
俺様の顔がか?
| トロイカ | 2004/06/28 10:33 PM |
ばあさんの悲鳴のとこで笑いすぎて減量成功
| ILL | 2004/06/28 11:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://highway61.jugem.cc/trackback/32
トラックバック